しっぽりガッツリ本物の焼肉を愉しむ。三宿の名店「焼肉芝浦」で肉を極める。

  • naominaomi
  • 0 155

祐天寺、三茶、渋谷、どこからも歩くには少し遠いけれど、それでも足をのばしたくなるお洒落なお店やcafeがあるエリア「三宿」。そんな場所に、稀少な部位からリーズナブル、高級部位までもれなく頂ける美味しい焼肉屋「焼肉芝浦」があります。大人な場所で、しっぽりガッツリ本物の焼肉を頂けるお店を紹介。

 

私の1番のおすすめはヒレ肉と赤身肉寿司

驚きの厚みに、頂く前からテンションがあがること間違いなし!軽くミディアムレアに仕上げたヒレは、口に入れた瞬間に肉汁が広がり、歯がいらないのトロける柔らかさです。老若男女問わず、誰もが好きな部位ではないでしょうか。

私のおすすめの食べ方は、焼き上がりに軽く塩を振りワサビをのせます。そうすると肉本来の旨みをより感じる事ができるし、ヘルシーでたくさん頂けてしまいます。もちろん最初にタレやポン酢、レモンなど数種類を準備して下さいますのでお好みで。

 

もう1つのおすすめは「赤身肉寿司」

この日のお店のおすすめメニューだったので、いつもあるとは限りませんが、見つけたら是非とも食べて頂きたい1品です。

赤身とサーロインの2種類ありましたが、赤身肉寿司で十分なほどのサシとまろやかさで、甘みが口いっぱいに広がりました。

空腹時のいったんお腹落ちつかせにも良いかもしれません。

稀少部位の種類も豊富

ハチノスやヤン、シマチョウ等種類がたくさんあるのも、ホルモン好きには嬉しいお店。

こちらは初めて頂いた「ツラミ」面の頬肉で、少し噛みごたえがありサッパリとした味でレモンとの相性が抜群!

 

お酒のレパートリーも豊富。季節メニューも楽しみ

ビールにマッコリ、ワインと多種多様に取りそろえられています。

ハイボール好きな私は、季節メニューとしてあった「日南レモンのフローズンハイボール」を迷わず注文。オレンジ色をしていますがレモン。1杯目はキンキンに凍った日南レモン入りをグビグビ。

2杯目は、果肉が柔らかくなり、より果実味が増したのをグビグビ。「2杯目を注文した時に同じグラスに注ぐと美味しいですよ!」とスタッフさんに教えて頂きましたが、本当にその通りでした。

シメ物もバラエティーにとんでいて、迷ってしまう嬉しさです。これは「まかないチャーハン」

焼肉屋さんらしく、焼肉タレベースの濃い味。飲んだ後に食べたくなる味ですね。

お供には刺激的な辛さのユッケジャンスープをオーダー。チャーハンとスープの反復が止まりませんでした。

 

三宿と言う場所柄でしょうか。ガヤガヤ騒がし過ぎず、シッポリ語らいながら美味しいお肉を頂くのに最適なお店。

また個室もあるようなので、いろんな用途に使えそうな感じでした。

焼肉芝浦 三宿店

営業時間:17:00~24:00
電話:050-3461-1731
URL : https://yakinikushibaura.gorp.jp
住所:東京都世田谷区下馬1丁目45−6 ウィスタリアプラザ2F

naomi

naomi

音大在学中からモデル活動を始める。

お酒と食べる事が大好きです。

5年前から旅にハマって、現在までの訪問先は40ヵ国。

アフリカや砂漠などの僻地から大都会まで、

出来るだけ沢山の国を訪れる事が夢。