これぞ下町の酒場!人形町の名物店「三船」で居酒屋グルメに舌鼓。

人形町〜水天宮界隈のエリアには今っぽいおしゃれな店も多数存在しているものの、やはり呑兵衛が吸い込まれてしまうのは赤提灯系の、昔ながらの居酒屋。

数多くある古き良き居酒屋の中でも一際支持を集めているのが、昭和の雰囲気溢れる「三船」です。

人形町から徒歩3分の「三船」。縄のれんをくぐればそこは酒好きが集うホーム

重厚感ある看板がめちゃくちゃかっこいい!提灯に優しい光が灯って。

来訪時は19時頃だったのですが、すでに店内は満員。賑やかな雰囲気が外まで伝わってきます。

三船のおすすめメニュー。定番の串物から下町らしいどじょう鍋まで充実!お酒が進むこと間違いなし。

どのメニューもクオリティ高し!三船のまんぷく居酒屋メニュー

やはり押さえておきたいのはポテサラ。こちらのポテトサラダは上にコンビーフ(なつかしい!)がオン!

コーンの甘みも感じられる、優しいお味で癒されます。

こちらは「マグロぶつごろごろ盛り」。新鮮!赤身の美味しさを堪能できる一皿。枡に盛り付けられている点も三船らしい粋を感じます。

素朴な料理がなんでこんなに美味しいんだろう…と頭を抱えてしまう蓮根チップス。パリパリサクサクで蓮根の滋味が口いっぱいに広がります。

荒削りの鰹節と塩がまた合う〜…!

必食!三船の名物「やみつき豚串揚げ」!

小ぶりなアメリカンドックのような見た目のこちらは三船名物の豚串揚げ。豚バラとタマネギの串揚げを、ウスターソースベースの三船オリジナルピリ辛ダレにさっとくぐらせた一品。

タレにはコチュジャンやタバスコも入っているそうで、奥深くコクのある味わい!美味しくないわけがない、お酒が止まらない、もう1本食べたい!

三船に来たら飲むべきは「やかん酒」

もうひとつの三船名物と言われているのがこちらの「やかん酒」。焼酎を一対一で水割りしたものがやかんに入ってます!飲み方はオンザロックor燗で。

黒やかんのビジュアルも素敵。ついついグラスに注ぎ足してしまう魔力あり…。

 

下町居酒屋の魅力を余すところなく発揮する名店「三船」。東京東側で飲む機会にはぜひ訪問されることをおすすめします!

 

三船(みふね) 人形町

営業時間 :

【月~金】
ランチ 11:30~14:30 (L.O.14:00)
ディナー 17:00~23:30 (L.O.22:30)

【土・日・祝日】
ランチ 11:30~14:30(L.O.14:00)
ディナー 17:00~23:00(L.O.22:00)

日曜営業

電話 : 050-5594-7208
住所 : 東京都中央区日本橋人形町1-18-2 1F

なほ

兵庫県出身/都内勤務の会社員。

友達と食べるおいしいごはんが元気の源です。

お酒は、日本酒とウイスキーが特に好き。

最後の晩餐は、チキン南蛮がいいな〜と思っています。